OFFICE TOMOE 創造的なヒューマンアビリティーを追及する ENGLISH
OFFICE TOMOEの紹介 リクルート お問い合わせ サイトマップ
ホーム アートマネージメント部門 ウェブデザイン部門 社会貢献事業
OFFICE TOMOEのご紹介 > カンパニーストーリー
OFFICE TOMOEのご紹介
会社概要
カンパニーストーリー
社名の由来
社長のメッセージ
アクセシビリティへの取り組み
アクセス
アクセス
特定商品取引法に基づく表記
カンパニーストーリー

 OFFICE TOMOEは、アートを通じて創造的なヒューマンコミュニケーションを実現する総合芸術表現の探究をめざし、芸術文化交流を国際展開する舞踊芸術カンパニー「TOMOE SHIZUNE & HAKUTOBO」のアートマネージメント部門として2000年に設立されました。1986年TOMOE SHIZUNEが創立した「TOMOE SHIZUNE & HAKUTOBO」は、世界有数の舞台芸術におけるフェスティバルの招聘公演等を行ってまいりました。1995年、パソコンやインターネットの生活への浸透が急速に高まり、身体の疎外も懸念されるなか、いかにテクノロジーとカラダが創造的な関係を築き、また表現の可能性を開けるのかを探究するべく、マルチメディアを活用したアートコラボレーションを展開しました。これらの活動を経て、2001年よりウェブデザイン部門を設立し、ウェブデザインの受託制作サポートをスタートいたしました。現在、アートマネージメント部門とウェブデザイン部門、さらに社会貢献事業の3つの柱を中心に展開し、ウェブの分野からのアクセシビリティ、芸術分野におけるアクセシビリティを両分野から追求し、より多くの方のひとりひとりの個性が豊かに響きあう社会づくりに貢献したいと考えています。

このページのトップへ
Copyright(c) 1995-2012 OFFICE TOMOE CO., LTD. All rights reserved.