OFFICE TOMOE 創造的なヒューマンアビリティーを追及する ENGLISH
OFFICE TOMOEの紹介 リクルート お問い合わせ サイトマップ
ホーム アートマネージメント部門 ウェブデザイン部門 社会貢献事業
アートマネージメント部門 > ニュースリリース
ART MANAGEMENT
マネージメント部門
部門案内
サポート案内
活動実績
News バックナンバー

レポート
2013年3月3日
第9回金大煥メモリアル・デー
3月1日に韓国と日本のアーティストが文化交流深める
→ Korean
The 9th KIM DAE HWAN MEMORIAL DAY, 2013
The artist of South Korea and Japan is having cultural exchanges deeply on March 1. This thing is very meaningful.

 2013年3月1日(金)、韓国ソウルのBukchon Changwoo劇場で『第9回金大煥メモリアルデー』が開催されました。韓国の音楽シーンをリードしてきたパーカッショニストで2004年に逝去された金大煥(キム・デファン)氏の命日にちなみ、韓国の国民的歌手・張思翼(チャン・サイク)氏を中心にした金大煥氏を慕う方々により毎年開催され続け、今年はその9回目を迎えます。
 
[写真]韓国のBukchon Changwoo劇場
(Bukchon Changwoo劇場)
 メモリアルデーでは、韓国と日本の伝統音楽からジャズ、フリーミュージック、ポップまで幅広いアーティストの音楽や踊りが繰り広げられ、観客は舞台にまで溢れる沢山の人々が集いました。金大煥氏とのセッションの音を収録した私たちのDVD作品「眠りへの風景」の映像を手がけた、韓国を代表する現代アーティスト陸根丙氏も駆けつけて下さいました。

 音楽家は、張思翼氏はじめフリーミュージックのチェ・ソンベ氏(トランペット)や伝統音楽のイ・グァンス氏(サムノリ)、キム・グァンソク氏(ギター)、ガン・ウンイル氏(ヘグム)、ホ・ユンジョン氏(コムンゴ)、ゴ・ソクジン氏(モドゥンブク)など、日本からは大倉正之助氏(大鼓)、横澤和也氏(石笛)、そして友惠しづねと白桃房(音楽:友惠しづね/舞踏)の天乃宇受美と加賀谷早苗が出演しました。司会はジン・オクソプ氏で、場を和ませるトークで会を盛り上げて下さいました。

 この日の早朝、金大煥氏の祭祀をご自宅で行い、お祈りを捧げました。また、張思翼氏と大倉正之助氏が書をしたため、公演の舞台に金大煥氏の遺影と共に掲げられました。  
[写真]金大煥氏の祭壇と、張思翼氏、大倉正之助氏の書
(金大煥氏の祭壇と、張思翼氏、大倉正之助氏の書)
[写真]祭祀で、梨や栗、ナツメ、餅菓子などの供物を食す
(祭祀で、梨や栗、ナツメ、餅菓子などの供物を食す)
 3月1日は、韓国では三一節として祝日となっていますが、日本が統治していた時代に独立万歳運動が起こった日です。また今も政治問題を抱え続けています。それでもこのような状況を乗り越え、ここに集う韓国のアーティスト達は、人間と人間のアートを通じての交流に真摯に向き合い、私たちを歓迎して下さいました。また、観客の人々も温かく受け入れて下さったようです。

 今年はセッションも多く設定され、韓国のガン・ウンイル氏(ヘグム Haegum)、ホ・ユンジョン氏(コムンゴ Geomungo)、ウォン・イル氏(ジン Jing)、ミン・ヨンチ氏(ジャング Janggu)、日本の大倉正之助氏(大鼓 Otsuzumi)の音楽と、友惠しづねと白桃房による舞踏(Butoh)のセッションも行われ、私たちも真剣な音と共に一身に踊りました。

 フィナーレの張思翼氏の謡うアリランでは皆が集い、歓喜に溢れるひとときとなりました。張思翼氏のトークの中でもこの3月1日に無事できたことが感慨深く語られました。 『金大煥メモリアルデー』は、3月1日という特別な日に金大煥氏が韓国と日本の最高のアーティスト達をつないだ貴重な韓国・日本の文化交流の場なのです。

 最後に金大煥氏を支え続けた奥様・権明姫氏が「ありがとう」と感謝を述べられました。

 金大煥氏に思いを馳せ、その魂に見守られるこの場から、一層の精進をしていこうと新たな生き甲斐をいただきました。  
[写真]祭祀で、梨や栗、ナツメ、餅菓子などの供物を食す
(韓国と日本のアーティストが集う)
2013年3月3日

友惠しづねと白桃房
   加賀谷早苗

金大煥(KIM DAE HWAN)プロフィール
パーカッション奏者。両手にそれぞれ三種類のスティックを構えるトリプル・スティック奏法は金大煥のオリジナル。演奏は非常な厳しさとストイックな激しさを合わせ持つもの。本人からのプロフィールは「黒雨・金大煥のみ」と言い切る。
1960年代に韓国初のグループ・サウンズ「アド・フォー」に参加。その後、日本でも「釜山港へ帰れ」で知られるチョー・ヨンピルも在籍した「キム・トリオ」を結成。70年代には大韓民国グループサウンズ協会の初代会長になる。韓国のミュージックシーンをリードしてきた。また、米粒ひとつぶの表面に般若心経283文字を刻む微細彫刻家としてギネスブックにも名を記す。韓国ではソウルに彼の書道作品を展示する美術館がある。2004年逝去。
 
アート・ミュージックDVD「眠りへの風景」スペシャルサイト
http://tomoe.com/landscape/
アートミュージックDVD「眠りへの風景」取扱店・所蔵先
http://www.tomoe.com/landscape/Shop/
 
関連リンク
第9回金大煥メモリアル・デー 韓国で友惠しづねと白桃房の音楽・舞踏 特別上演
第8回金大煥メモリアル・デー 韓国で友惠しづねと白桃房の舞踏上演
3月12日、NHK BS1『ほっと@アジア』で金大煥メモリアル・デーのレポートを大倉正之助さんがお届けします!
 
このページのトップへ
アートマネージメント部門 > 部門案内サポート案内活動実績Newsバックナンバー
Copyright(c) 1995-2015 OFFICE TOMOE CO., LTD. All rights reserved.