OFFICE TOMOE 創造的なヒューマンアビリティーを追及する ENGLISH
OFFICE TOMOEの紹介 リクルート お問い合わせ サイトマップ
ホーム アートマネージメント部門 ウェブデザイン部門 社会貢献事業
アートマネージメント部門 > ニュースリリース
ART MANAGEMENT
マネージメント部門
部門案内
サポート案内
活動実績
News バックナンバー
ニュースリリース
2012年3月17日
アートと音楽で被災地支援続ける「夢見るチカラ〜あしたの地球展」
〜東京・吉祥寺でDVD「眠りへの風景」が支援参加〜
 株式会社オフィス友惠(本社:東京都杉並区、代表取締役社長 加賀谷早苗)は、アートの分野から、東日本大震災の被災地及び被災された方の支援に取り組んでいます。
「夢見るチカラ〜あしたの地球展」東京・吉祥寺で開催
 この度、東日本大震災の被災地支援のため、3月17日(土)から3月31日(土)まで復興屋台村気仙沼横町きずな広場で「集まれ!夢見るチカラ〜あしたの地球展&大漁旗まつり」が開催されています。絵画の展示や音楽のコンサートが行われ、その収益は被災地支援のために役立てられます。その関連事業として、東京では吉祥寺のコピス吉祥寺(4階ニコハウスソーラーギャラリー)にて4月3日(火)〜8日(日)「夢見るチカラ〜あしたの地球展」が開催されます。本企画は「アートと音楽が生活の為にできる事、夢みるチカラがあしたの地球に小さな元気を生み出す」との思いで、様々なジャンルのアーティストが、自分の出来る事を始めるという取り組みです。オフィス友惠はその主旨に賛同し、3月1日に発売を開始した日韓コラボレーションによるアート・ミュージックDVD「眠りへの風景」を出品し、その収益を寄付する支援活動を行います。
アート・ミュージックDVD「眠りへの風景」
 本作品は、世界が国家、民族等、未だ様々な葛藤を抱え、また、20世紀文明の近代化がもたらした環境問題、核エネルギーの是非、DNA組替えを始めとする生命科学の方向性など新たな課題が人類に投げかけられるなか、日本と韓国のアーティストが調和への路を見いだそうと、海、大地、あるいは都市のなかの人間の姿を通して、愛を表現しています。音楽は世界の舞台アートシーンで絶賛を博している舞踏家であり音楽家・ギタリストの友惠しづね、映像は韓国のメディアアートの第一人者、現代アーティストの陸根丙(ユック・クンビョン)が手がけ、2人の友情から作品が生まれました。今回、地球の未来を考えるひとつの視座を提示したいと考えています。
オフィス友恵の支援活動
 東日本大震災の被災地支援に関し、オフィス友惠では、岩手県大船渡市での瓦礫撤去にボランティア参加したり、震災直後より被災地支援を行うNGO団体へ情報提供するウェブサイト制作のサポートをした他、岩手県山田町で家が津波によって流されるも無事避難を遂げた、ソチパラリンピックに挑戦すると決意していた阿部友里香さん(当時中学3年生)を励ますべく「友里香のがッつァ頑張るBLOG」の立ち上げや運営を協力する等、様々な支援に取り組み続けています。
 この度、アート作品を通しての支援で、収益の寄付と共に、夢見るチカラ、希望を届けたいと願っています。皆様のご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 
 
 
【本件に関するお問合せ】 株式会社オフィス友惠 担当:加賀谷(カガヤ)/金(キム)
〒167-0053 東京都杉並区西荻南4-12-4
TEL:03-3334-7918 FAX:03-3334-7919 E-mail:info@officetomoe.co.jp
【夢見るチカラ〜あしたの地球展】
期間: 2012年4月3日(火)〜8日(日)
会場: コピス吉祥寺 A館 4階 ニコハウス ソーラーギャラリー
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-5
コピス吉祥寺 アクセスマップ       
ニコハウス ソーラーギャラリー  
関連記事
日韓アートコラボの軌跡 アート・ミュージックDVD「眠りへの風景」
2012年3月1日発売
大船渡市・陸前高田市 災害支援ボランティア
障害者クロスカントリー 日本チーム『友里香のがッつァ頑張るBLOG』
『東日本大震災NGO活動情報サイト』の制作をサポート
『東日本大震災NGO活動情報サイト』英語版の制作をサポート
夢見るチカラ from 気仙沼(ART LIFEのサイトへ)
復興屋台村気仙沼横町のサイト
 
このページのトップへ
アートマネージメント部門 > 部門案内サポート案内活動実績Newsバックナンバー
Copyright(c) 1995-2015 OFFICE TOMOE CO., LTD. All rights reserved.