OFFICE TOMOE 創造的なヒューマンアビリティーを追及する ENGLISH
OFFICE TOMOEの紹介 リクルート お問い合わせ サイトマップ
ホーム アートマネージメント部門 ウェブデザイン部門 社会貢献事業
アートマネージメント部門 > ニュースリリース
ART MANAGEMENT
マネージメント部門
部門案内
サポート案内
活動実績
News バックナンバー
ニュースリリース
エファップ・ジャポン 第48回 コンフェランス(特別講演)
「アートマネジメントとPR
  〜BUTOHを通して私たちが目指すもの〜」
講師:加賀谷早苗
エファップ・ジャポンで開催されるコンフェランスで、講演をさせていただくことになりました。エファップ・ジャポンは、広報・PR=アタッシェ・ドゥ・プレスの養成校です。今回の講演では「アートマネジメントとPR〜BUTOHを通して私たちが目指すもの〜」と題して、舞踊家でありマネジメントオフィス代表を務める立場から、アートマネジメントとは何か、無形芸術をどうメディアに訴求するか、国内外でのケーススタディをまじえてお話しします。PRの現場を実感できるお話しを提供できればと思っております。ぜひエファップ・ジャポンへご来場ください。
"" エファップ・ジャポン ウェブサイト

2008年10月17日
株式会社 オフィス友恵
代表取締役社長 加賀谷早苗
加賀谷早苗 講師プロフィール
加賀谷 早苗
1972年東京生まれ。東京芸術大学卒業。 株式会社オフィス友恵 代表取締役社長であり、アーティスト。大学在学中よりエディンバラ国際フェスティバル招聘公演等、 舞台出演多数。自らアーティストとしてアート活動を行うなか、アートマネジメントの会社を設立、現職に就く。アート活動の広報・PRの研修にも取り組む。

コンフェランス概要
日本のオリジナル現代アートである「BUTOH」を中心に活動するアート集団「TOMOE SHIZUNE & HAKUTOBO」。
そのアートマネジメントを担う立場から、アートマネジメントとは何か、海外公演時のアートマネジメント事情とPRの実際、多彩なアーティストとのコラボレーションや社会貢献事業におけるアート活動のPRの事例からその効用にふれ、豊かなPRを生み出す方法、またアーティストの活動をPRする際の難題を打開する方法を考察する。
アタッシェ・ドゥ・プレスの本領をパワフルに発揮するエッセンスをつかんでいただきたい。
日 時 : 2008年10月31日(金) 19:30〜21:00
会 場

: エファップ・ジャポン

お問い合わせ : エファップ・ジャポン
 Email info@efap.jp

コンフェランスの詳細は、エファップ・ジャポンのウェブサイトより。
"" エファップ・ジャポン コンフェランス詳細ページ

このページのトップへ
アートマネージメント部門 > 部門案内サポート案内活動実績Newsバックナンバー
Copyright(c) 1995-2015 OFFICE TOMOE CO., LTD. All rights reserved.