OFFICE TOMOE 創造的なヒューマンアビリティーを追及する ENGLISH
OFFICE TOMOEの紹介 リクルート お問い合わせ サイトマップ
ホーム アートマネージメント部門 ウェブデザイン部門 社会貢献事業
アートマネージメント部門 > ニュースリリース
ART MANAGEMENT
マネージメント部門
部門案内
サポート案内
活動実績
News バックナンバー
ニュースリリース
芸術分野でのアクセシビリティの実現を目指す
大原福祉作業所にて知的障害者の方による
演劇と歌と舞踏のコラボレーション
 株式会社オフィス友惠(本社:東京都杉並区、代表取締役社長 加賀谷早苗)がアートマネジメントを行う舞踏カンパニー「友惠しづねと白桃房」 は、芸術分野でのアクセシビリティ(※補足1)の実現を目指した活動として、劇場を越えて高齢者の方や障害者の方の施設、学校などを訪問し芸術交流を行い、近年は知的障害者の方の施設での公演およびワークショップを積極的に行っています。(※補足1:アクセシビリティとは、特にITの分野で、高齢者や障害者の方などにとってもアクセスしやすいウェブサイトを実現する取り組みとして広まっています。)

 さて、来る2008年9月27日、世田谷区大原福祉作業にて知的障害者の方による演劇と今回の新たな取り組みとして舞踏のコラボレーションを実施します。地域との交流を図ることを主な目的に実施される大原福祉作業所の「大原秋まつり〜命(ぬちどぅ)・宝〜」。この催しで、沖縄戦を体験した少女の実話「白旗の少女」(比嘉富子著)にインスパイアされた創作劇「沖縄のサザエさん」を知的障害者の方が上演します。演劇の台本は大原福祉作業所の堀田所長が各人の個性をとらえリライトしていきます。10年程前から演劇に取り組み、「長く続けることでみんなに浸透してきた。できなくて悔しいという思いが彼らを成長させてくれる」という。
 これまで大原福祉作業所で実施したワークショップでは、「自分の好きなお地蔵さんになってみよう」 との呼びかけに思い思いの地蔵を表現。お地蔵さんのエネルギー、その形を生む本質を瞬時にとらえ、ダイレクトにスパークさせていきます。知的障害者の方々が活き活きと輝く姿にふれ、「舞踏をする前後でみんなの表情がまったく違うね」と、堀田所長。わたしどもの舞踏がコラボレーションに参加させていただくなかで、さらなるひとりひとりの個性の輝きをもたらすことができればと願っています。本作品を通して、人間の尊厳、命の大切さ、そして命の輝きを伝えていきます。

2008年8月19日
株式会社 オフィス友惠

大原秋まつり〜命(ぬちどぅ)・宝〜「沖縄のサザエさん」
演劇と歌と舞踏のコラボレーション
 
日時: 2008年9月27日(土)13:00上演開始予定
(秋まつりの催しは11:00〜15:00)
場所: 大原福祉施設3F 大原福祉作業所
〒156-0041 世田谷区大原1-23-13 TEL 03-3460-9019
出演: 大原福祉作業所・友惠しづねと白桃房
大原福祉作業所のご紹介
1991年「世田谷区手をつなぐ親の会」運営により世田谷区に開設され、知的障害のある利用者の方(15歳以上で一人で通所できる方が対象)の自立と社会参加をめざし、本人主体を基本として個別の支援を行うことを基本方針に活動しています。日常生活においては各支援を通じて自己実現を図ることをめざすとともに、施設での作業は袋詰やクッキー製造など、環境を整備し本人にあったメニューを設定し支援している。
TOMOE SHIZUNE & HAKUTOBOのご紹介
[取材・掲載に関するお問い合わせ]
株式会社オフィス友惠
E-MAIL:info@officetomoe.co.jp TEL:03-3334-7918 FAX:03-3334-7919

 

このページのトップへ
アートマネージメント部門 > 部門案内サポート案内活動実績Newsバックナンバー
Copyright(c) 1995-2015 OFFICE TOMOE CO., LTD. All rights reserved.